トップ RSS

title


2018/02/17(Sat) [長年日記]

uk-icon ようやく完成

ARMボードで作ったルータだが、これまで丸裸で使ってたのを、ケースとは行かないが覆いを作った。正確には、東京の知り合いに頼んでレーザーカッターで加工したアクリル板を送ってもらった。
本当はネジ穴付のスペーサーのみで柱となる部分を作るはずだったのだが、売ってなかったので、ネジとスペーサーなどを組み合わせてようやく完成。
ルータ

2018/02/09(Fri) [長年日記]

uk-icon [music] スガシカオ ライブ

水戸ライトハウスでのスガシカオライブへ行ってきた。小さな会場に370人も入ったらしい。ライトハウスでのライブは初めてだったようで、お客さんとの距離が近いと言っていた。

シカオのギターと打ち込み、録音の?ドラムのみ。ベースも録音が合ったのかもしれないけど聞こえなかった。なのに、すごく盛り上がった。アンコールのあと、誰も帰らなかったので、2回めのアンコールもやってくれた。

ただ、自分の持病のせいでもう一つ盛り上がれなかった


2018/02/03(Sat) [長年日記]

uk-icon [ND] ドアブッシュかさ増し

NDロードスターのドアを開けた所にある、ブッシュをかさ増しすると、ドアとボディの間の隙間が埋まって、剛性が上がるという技。2016年には登場していたらしいのだが、ようやく最近知った。
3mmのゴム版を同じ大きさに切って2枚したに挟んだ。このときは同じボルトを使ったが、後日M6 20mmのものに交換した。
効果としては、ギャップを通過したときに幌も音がするようになったので、効果あり。
ブッシュ ゴム板 かさ増し

2017/11/22(Wed) [長年日記]

uk-icon [linux] DS-Lite動いた

だいぶ間が開いてしまったが、その後ESPRESSobinは、USBメモリで起動したところ問題なく動くようになった。kernelもlinux-4.14 vanillaで動いている。
DS-Liteの方は、wide-dhcpv6-clientでは、IPv6をもらうことができず、半ば諦めていたのだが、dibbler-clientという別のクライアントを使用したところ、IPv6を取ることができた。
設定(/etc/dibbler/client.conf)は、以下の通り
log-mode short
log-level 7
 
iface wan {
# ask for address
    ia
    pd
}
また、dibblerでIPv6が取れたら、それをwanインターフェースへ固定で設定するようにした。本当は固定じゃないけど。そして、ip4-ip6のトンネルは、/etc/rc.localで設定。
REMOTE='2404:8e00::feed:100'
LOCAL='xxxx:xxxx:xxxx:xxxx'
 
# IPIP6 tunnel linkup
ip -6 tunnel add ip6tnl1 mode ip4ip6 remote $REMOTE local $LOCAL dev wan
ip link set dev ip6tnl1 up
 
# IPv4 routing
route add default dev ip6tnl1
本当なら、/etc/network/if-up.d/000iptunnelとして設定するのだろうが、うまく行かなかったのだった。
これで、200Mbps出るようになった。

2017/10/28(Sat) [長年日記]

uk-icon [linux] ESPRESSObin

GbE3つ付きのARMボード、ESPRESSObinが届いたので、OSインストールして設定してると、ネットワークが有効にならない。と言っているうちに、カーネルがハングアップしてしまう。別のバージョンのカーネルも試してみたが、やはりハングアップしてしまう。これは意外とキワモノかもしれない。
画像の説明 画像の説明